エレベーター連動セキュリティ

オートロックのマンションの中には、呼出して玄関のドアを開けてもらってからエレベーター乗り場へ行くと、既にエレベーターのドアが開いており、しかも行先階のボタンが既に押された状態になっている、というマンションもあります。

そんなマンションで、先日事件が起こりました。

入口ドアを開けてもらってエレベーターへ行くと、駐車場から来たを思われる居住者の方が先にエレベーターに乗っていました。

同乗させてもらい、行先階ボタンを追加で押すと、「その階には止まれません」というアナウンスが。

しかたないので、一旦エレベーターから降りました。

エレベーターが上へ行ったので、上ボタンを押したのですが、反応なし。

しばらくしてエレベーターが1階に戻ってきてドアが開きました。

無人だったので、エレベーターに乗り込み、行先階ボタンを押すと、今度はボタンのランプが点灯して、無事に目的階まで行けました。帰りも普通に戻れました。

その同じ日、別のマンションで他のデリバリー配達員と鉢合わせしました。呼出しの順番で、彼が先にエレベーターで上へ行きました。

私がエレベーターに到着した時には上の階で止まっていたので、上ボタンを押しましたが、反応なし。

戻って来るのを待ってからでも良かったのですが、配達先が2階だったので、階段を利用。帰りはエレベーターで2階から1階にもどりました。

エレベーターを呼ぶボタンが無いマンションもあり、電話して1階まで降りて来てもらった事もありました。

マンションセキュリティはいろいろあって悩まされますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。