スマホケースとストラップ類

スマホケース

最初はこれ

手帳型のケースです。誤操作対策にカバー付きにしました。(購入したのはこちら

ストラップは手提げタイプを、扉の横長の穴に通してました。

手持ちは意外とめんどかったです。

雨の日はこれ

薄いモバイルバッテリーを一緒に入れてました。

このケースは、電話をする時には出さないと相手から会話が聞き取れないと言われました。

通じる相手もあったので、了解度としては相手次第のようです。

ビニールの袋なので、ホームボタンが使えません。設定から AssistiveTouch をオンにしていました。

慣れればそこそこ使えます。が、ホームボタンが使えないし、サイドボタンも使いづらく、使える機能は制限されます。

また、バッテリーと一緒に入れると、GPSの反応が遅くなるようで、つい行き過ぎてしまいがちでした。

結局たどり着いたケースとストラップはこれ

同じタイプのiPhone6用を使ってみて便利だったので、iPhone8用を購入しました。(iPhone8で使えました。ただし、メインカメラの位置が違うので外カメラは使えませんでした。)

音量を下げるボタンが、組付ける時に調整しないとうまく機能しなかったのが難でしたが、なんとかホームボタンもふくめてフル機能利用可能です。

ストラップは、HAND LINKERシリーズ。ボタン一つで簡単に脱着。リングはカラビナにもなっています。

スマホはハンドルに固定しています。マウントはラムマウントシリーズです。

もともと、アクションカメラの取付用に用意していました。

カメラ用マウントをスマホ用のXグリップに変更して使っています。詳細は左メニュの「配達用バイク」を参照願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です