タウンメイトの修理

配達に使っているタウンメイトのウィンカーの調子が悪くなった。右折側の接触が悪いみたいで、時々動作していない。

進路変更の時、時々クラクションを鳴らされるようになったのはこれが原因だったのかな?と思う。

購入した店舗、一応YSP、に預けけることにした。すでに製造をやめて久しいタイプなので、スイッチの部品が無いそうで、分解清掃くらいしか出来ないと言われてしまった。

それで構わないので、オイル交換とチェーンの調整も合わせて見てもらうようにお願いしてタウンメイトは入院。

代車はビーノを貸してくれた。50ccの小さい車体。ハンドルが膝に干渉するとか、ミラーが体の幅より狭いので後ろが見えないとか、まあ生活の足としては十分かな。

代車のビーノ

1週間入院したメイトが戻って来たので、翌日、さっそく配達に出てみた。

昨日は治ったと思っていたが、朝から右のウィンカーが出ない事が多い。レバーを持ち上げるようにすると点灯するようだが、運転に集中出来ない。

なんとか気を使いながら配達を終えて帰宅。

実は、こうなるのではないかと危惧していたので、ヤフオクでパーツを見つけて購入していたのだ。

で、本日、購入したスイッチAssyを店にお願いして取り付けてもらった。出どころが不明なのと現在のパーツと少し構造が違うので社長からは渋られたのだが、整備担当の子はいいですよと受け付けてくれた。

工賃1時間は痛かったが、なんとか取り付けてくれて感謝だ。

アクセルワイヤー、現行の一般的なバイクでは2本で操作しているそうだけど、私のメイトは1本。持ち込んだパーツは2本用。でも、使えないわけではないので、なんとか取り付けてくれたそうだ。なので時間がかかったとのこと。断られなくて本当に助かった。

明日から2勤1休のシフトで配達に復帰の予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です