今日のピンズレ20200820

1丁目以下が無い(個人宅)

ピン位置は違っていたので、メールで住所の詳細を送ってもらったのですが、新築のせいかグーグルマップで再検索してもピン位置は1丁目だけの時と同じ。

ゼンリンで検索するとヒット。結果的には50mほどのピンズレ。

近くで検索していて動かなかったせいか、お客さんが歩いてこちらに向かって来てくれました。あと数十秒でたどり着けたのに・・・

レンガのビルとか書いてあっても、周りにはレンガ模様のビルが多い(大久手)とか、白い車が停まっているとメモにあっても、あたりは白い車ばかり、とか、車が2台とまっている家と言われても、家の正面に到着しないと車の台数はわからない、などなど、自宅の特定の為にメモをくれるのは最終確認には役立つけれど、広い地域の中から探せるようなメモ書きは少ないようです。

最近は、ビルの一階に入っているテナント名を住所につけてある例が増えました。ビルが並んでいると、ピンが正しく立っていても現地での特定は、マンション名を探すので手間取る事が多いです。なので、テナント名でビルが特定できるのは便利です。が、気をつけないとテナントへお届けしてしまうとか・・・

ピンズレさえ無ければと思います。

指定された場所が見つかりません_ナビ不能

昨日のナビと連動出来ない例が今日は2件ありました。

郵便番号がダメなのでしょうか?今までだと志賀町かその2丁目の位置にピンが立っていて、結果的に再検索するハメになったパターンかな。

どうせ現地でピンズレに気付いて再検索するなら、怪しい住所は最初から再検索を!という事なのでしょうか。

住所欄から再検索可能でした。建物名や部屋番号も明記してあったし。

現地付近で再検索の為立ち止まったり、ウロウロするよりは、配達開始前に再検索するほうが、お客さんの受けは良さそうです。が、なんか釈然としない物を感じます。

レオパレスウィステリア

青丸矢印の位置が正解で、赤のピン位置はずれてました。

赤丸の位置は、グーグルマップでは「天道町」の文字の位置でした。再検索で配達は完了。


ピンズレではありませんが、カラスが変な格好のまま固まってました。

この格好のまま、シャッター音にも微動だにしませんでした。暑かったからなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です