個人事業主と年金と確定申告(2)

とりあえず、 国税庁 確定申告書等作成コーナー から確定申告書を作成してみた。

作成開始をクリックする。

印刷して書面提出する をクリック

ご利用のための事前確認・・・という告知ページが表示される。問題なければ「利用規約に同意して次へ」をクリック

平成30年分の申告書等の作成 をクリック

左端の所得税をクリック。

真ん中の赤い作成開始をクリック

開業届けは出していないので青色申告ではない。だから一番上はチェックを入れない。次に生年月日を入れ、一番下の「 申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する 」にチェックを入れ、入力終了(次へ)をクリック。

申告書のイメージの入力画面が表示されるので、それぞれの項目に入力していく。

左のタイトルをクリックすると、入力の為のダイアログが開く。

必要なだけ、ダイアログが順番に開くので、入力していく。

この時期、源泉徴収票とかまだ届いていないので、所得の給与欄をクリックして開くダイアログには、1月から10月までの課税対象額、社会保険料、所得税の各項目の合計額を記入。

事業に関しては、左上、収入欄の事業をクリックし、営業等の収入欄に売上合計(予測)を入力。その右には売上合計から経費としてガス代、修理費を引いた値を入力。そして、入力終了をクリック。

すると、左上の収入欄の事業に売上金額が、そして中央の所得欄の事業には経費を引いた額が表示された。

年金は収入の雑欄の公的年金等をクリックして、入力。今年は源泉徴収分がないので、源泉徴収分の欄には0を入力する。なにも入力しないと終了できなかった。

収入と所得の欄はリンクしているようで、どちらかをクリックして必要金額を入力すると、それぞれに反映された。年金も収入欄からでも所得欄からでもどちらかでOKだった。

そんなこんなで、予想データを入力したところ、所得税の還付はUber Eatsの事業所得が無いと6,000円、有ると3,000円と計算された。

あとはこれを印刷して、特に経費の領収書、レシートだけど、をもって税務署で相談してこようと思う。その結果はまた報告します。(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です