同じマンションでも違うマンション?

以前に配達で立ち寄ったマンションがある。そのマンションのオーナーが変わったようで、大学の寮になっていた。

大学寮のマンションを現地で探す時、ピン位置のマンションは以前の記憶から、そこでは無い!と決めつけていて、戸惑ってしまった。

以前は「Residence hall NUCB」という名前だった。外人さんに玄関前でドロップした記憶があるマンションだったが、今は「名古屋商科大学千代田寮」となっていた。

「NUCB」というのは、「名古屋商科大学」の事らしい。別にオーナーが変わった訳ではないようだ。前回は外でのドロップだったので、入口の「名古屋商科大学千代田寮」の表示は見ていないが、前回もあったのかもしれない。

下手な記憶は邪魔になるという事か。それより、「NUCB」が名古屋商科大学の事だと知っていれば、問題ないわけで、常識知らずだったということなのかも。

似たような経験だけど、「ドンキホーテ」というピックアップ先があった。パスタ屋さんなわけだが、最初はあっちの建物を探してしまった経験がある。

あと、全く関係ないけど、台湾ツアーで「再春館」という薬屋に案内されたことがある。日本で有名な企業とは無関係だそうだが、私が買ったというか買わされたのは、乾燥肌対応のクリームだった。

この企業は台湾へも進出したそうなので、このお店はどうなったのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です