現金受けの会計処理

豊橋での配達は、現金受けONで行なったので、色々悩む事になった。

以前はイレギュラーとしての現金受けだったので、一日の集計で売上が現金受けの金額を下回る事は無かった。なのでfreeeへは、たとえば現金受けが1000円、一日の売上が2500円だったとして以下の2つの取引として入力していた。

今回、現金受けが多く、返金が必要になり、さてどうしよう。

ネットで調べると、現金受けで得た現金は、前受金になるようだ。

仮受金、預り金、前受金と似た仕訳があり、比較検討の結果、前受金が妥当かなと。

で、今回は逆に、現金受けが2500円、売上が1000円だった場合の入力だが、現金受けは現金入力なので

現金受けの額の方が多いので、銀行からの支払いになるから、支出の取引になる、という事に気づくまで時間がかかった。マイナスの売掛金というのをイメージしていたからだ。なので支出の未決済として

収入の時は売掛金だったが、支出では未払金になるようだ。なるほど、たしかに現金受けの金額はウーバーの代わりに代理徴収しているに過ぎないので、未払金というのは納得だ。

あとは「引落し」または「振込み」された時に決済処理をすれば良いわけだ。未払金が銀行決済で仕訳されることでしょう。

もう12月だというのに、こんな事で良いのか!、とも思うけれど、仕方ないよね。税務署での相談は、、、まだ。やっぱ乗り気がしない。なんとかなっている(と思っている)し、まあいいかな。

PS

この記事を投稿した翌日の午前11時ころ、アプリにメールが来た。支払期限が過ぎているので、5000円程をクレジットカードで支払うように、とのこと。

金額は昨日時点での精算額より1000円ほど少ない。どういう計算なのだろう。

まあ、一応アプリから支払いをすませました。

会計処理どうしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です