配達ルートが実際と違う

今日の12件の配達のうち、11件のルートが、ウェブの履歴の地図と実際が違ってました。

配達距離については検証していません。

配達距離は実際のルートで計算すると聞いていましたが、変更になったのでしょうか?

水色がウェブの履歴でのルートです。

オレンジが実際のルートで、赤のバツじるしの水色のルートは実際には通っていません。

数日後にもう一度確認してみますが、こちらの位置をモニターしていると思っていましたが、違うようです。


距離の検証

以下の表にまとめました。結果としては、実際の走行距離が売上計算での距離となっているようです。良かった。(では、履歴のマップの経路の意味とは?)

配達売上距離実走距離マップ距離
0012.542.32.0
0021.81.61.2
0034.84.64.3
0041.771.41
0056.266.05.6
0060.740.550.65
0074.834.63.9
0082.3違いなし
0095.414.84.6
0101.010.90.75
0113.693.43.2
0122.832.11.6

実走距離はグーグルマップで実際の走行ルートの距離を測定。

マップ距離は配達記録のマップに記されたルートの距離をグーグルマップで測定。

売上距離は、配達記録の距離で、売上計算上での距離(だと思う)。

配達履歴のマップのルートは、おおむね徒歩か自転車での最短ルートのようです。

なので、一通の逆走や、中央分離帯のある通り沿いの建物へ右横断で到着するとか、実際のオートバイでは不可能なルートを見かけます。

あと、本山交差点など交通量が多い時、渋滞を避けるルートを使ってますが、それも計上されているようなので安心しました。

逆に、一通地獄で迷った距離も計上されているかと思うと、ルート判断は慎重にすべきですね。ただ、工事迂回もあるので、現場次第ではありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です