KITTE名古屋

名古屋駅のビルの名称はややこしいです。「JRセントラルタワーズ」がJR名古屋駅の上にあるツインタワーのビルの総称で、その隣の駅前通り側に隣接しているのが「JRゲートタワー」。かつて松坂屋があった場所と言えば、古い人にはわかりやすいかと。

そして、その「JRゲートタワー」の北のビルが、かつて名古屋北郵便局だった場所に建つ「JPタワー名古屋」。Japan Post だからJP。JRと並んでいるので字面からはとてもややこしい。

その「JPタワー名古屋」に入っている施設が「KITTE名古屋」です。

その「KITTE名古屋」のお店からのリクエストがありました。

ピックアップ先は「三重人KITTE名古屋店」ですが、ピン住所欄には「クラフトビールKOYOEN KITTE名古屋店」の文字が。

住所にB1とありますが、これが「三重人」なのか「KOYOEN」なのか不明なのが困ります。

実は以前、「JRゲートタワー」のピックアップで

というリクエストを受けました。初めてのお店だったので、ピン住所欄に従って15階へ向かいました。

ホテルのフロントで聞くと、下の13階の店でした。

この経験があるので、B1は信用できないと思ったのです。

幸い、案内板で店はB1に見つかり無事ピックアップは完了出来ました。

今回のように、アプリの案内先の住所が同じだと、目的の店舗とは別の施設への案内が表示されるようになったのは、最近の事です。

グーグルマップを連動させると、以前はピン位置へ愚直にナビされていたのが、最近、といっても3ヶ月前くらいからでしょうか、ピン位置ではないところへナビされる事が多くなりました。

ネット情報では、以前はピン位置の経度緯度で位置を渡していたという記述があったので、そうかなとは思ってましたが、今はどうも住所の文字を受け渡しているようで、住所に該当する場所が特定出来ないと、住所が記述されていてもナビが起動しなかったり、なぜか無関係と思われる所へナビされるようになりました。

これが、店舗に対しても起きてます。以前はナビできたお店へのナビが出来なくなったりです。この事例の最初は6/16の配達で向かった「ハッピーからあげ178」です。

2回めのピックアップだったので、ナビが起動しなくてもアプリのマップで問題なく到着出来ました。

お店の人に、「ナビが使えなくなった」と一応伝えました。その後、ピックアップの機会がないので、どうなったのかは不明です。

配達で使うには非常に不便な状態です。なぜこんな改悪のような変更がなされたのか不思議です。わざと配達を妨害しているように感じてしまいます。

とはいっても、現状に対応するしかないわけで、勤め人ではないですが、立場は弱いので、こちらでなんとかするしかないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です